パワハラ訴訟の住宅会社 自殺社員に「侮辱賞状」渡す 社長「表彰の一環 不調の原因になったか疑問」(2022年6月22日)

青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=2018年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。遺族は20日、パワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8千万円の損害賠償を求め、青森地裁に提訴した。会社側は「表彰の一環」と説明している。

原告側によると、関係会社も参加した18年1月の新年会で、男性は課長が作った「症状」と題した書面を渡された。文面には「今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」「陰で努力し、あまり頑張ってない様に見えてやはり頑張ってない」「一発屋にならない様に日々努力して下さい」などと書かれていた。上司から「おまえはバカ」とのショートメッセージを受け取るなどした男性は翌2月、重度のうつ病を発症し自殺した。

ハシモトホームの表彰状

ハシモトホームの橋本吉徳社長は、書面を渡したことを認めた上で「毎年の懇親会で、表彰の一環として渡していたもの。行き過ぎた表現だったかもしれないが、他の人にも渡していたので、亡くなった男性の不調の原因になったか疑問に思う」と説明した。

男性の妻は、代理人弁護士を通じ「こんな『症状』を渡して、家族が見たらどう思うのか、何も想像しなかったのかと不思議でなりません」とのコメントを出している。

今時、こんな会社があるとは驚きですが、世の中いろいろな会社がありますので、例えば家族経営の会社や町工場、中小企業に入社して、経営者が社内の風紀秩序に力を入れてしっかりと保たれていればいいのですが、秩序が乱れている場合は無秩序になってしまい、いわゆる『村社会』となって序列を作り、頂点に立つ者たちを中心に異質な物を排除しようとする傾向が強まることは否めません。

今回の件も、そんな『村社会』で犠牲になってしまった一人であり、本当はそんな会社を辞めれればいいのですが、真面目で責任感が強い人や、次の会社が見つかるか不安な人、また会社からの圧力で「辞める」と言えない人など、会社をすぐに辞めることができないと『村人』たちは嵩に懸けてきて「手負いの獣」のごとく餌食になってしまいます。

小学校、中学校、高校、大学と学校での「いじめ問題」が身近になる時期を過ごしてきて、もしかしたら当事者になっているかもしれませんが、社会に出て、ようやく「いじめ問題」から抜け出したかと思えば実はそうではありません。

学校での「いじめ」は、社会では「パワハラ」という言葉に代わります。

いい大人がここまで低俗なんかしないと思ったら大間違いです。いじめの加害者だって、大人になりますし、社会に出ても獲物を探しています。学生時代に聖人君主だったとしても、社会に出て会社で『権力』を得ますと、人格が大きく変貌して、今回のような低俗なことをします。

それを諫める、防ぐのが経営者の役割なのですが、今回のような会社ぐるみでの話となりますとどうにもなりません。

この賞状を渡す時に周りに人がいたのに、止める人も慰める人もいなかったことの方が本人はつらかっただろうと思います。課長が賞状を渡したとのことですが、部長、他の上司や同僚も見ていたはずです。

今回のように会社の信用低下となることがマスコミに報道された時に「会社側は「表彰の一環」と遺族に説明している。」と発表する会社はなにを考えているんだろうとつくづく思います。

そのコメントもメディアで流れてしまい、それを聞いた世間の人たちが「あぁ!そうなんだ。これは表彰の一環なんだね。りょーかい。」って納得する人がいるとでも思っているのでしょうか?

なぜ正直に「過去にパワハラがあり、当事者に厳しい処分をしました。」「原因を究明して対策を行い、今後絶対に起きないようにします。」ってなぜ言えないんでしょうか?

今後、取引相手がネットで企業名検索したら、この記事が出てパワハラで社員を亡くした上にこんな賞状作って「表彰の一環」とか平気で発表する会社なんだっていう事実がインターネットに永遠に残るだけですよ。

会社を選ぶときは、経営者や社長などのトップの考え方が非常に重要になってきます。

「侮辱賞状」青森の住宅会社 公式HPに謝罪文「最大限誠意ある対応」原因など取りまとめ中 電話回線逼迫(2022年6月23日)

40代の男性社員=2018年に自殺=に賞状を模して侮辱する内容の書面を渡すなどし、遺族から今月20日に青森地裁に提訴された青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が23日までに、一連の報道に対する謝罪文を公式サイトに掲載した。
(中略)
遺族はパワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8000万円の損害賠償を求め、提訴。会社側は「表彰の一環」と説明している。
(後略)

ハシモトホーム謝罪文



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。