『ウサギの島』。

なんでも野生のウサギがたくさんいる島があるそうで、その島に行くと野生のウサギがあちこちにいるので餌付けができるそうです。そんなウサギ人気の島は広島県竹原市の大久野島(おおくのしま)というところだそうです。

そんなウサギの島に今問題になっていることがあるそうです。

「ウサギ島」ピンチ、観光客が放置したエサで「天敵」増える矛盾(2022年5月1日)

数百匹の野生ウサギが生息し、「ウサギの島」として人気を集める広島県竹原市の大久野島でカラスやネズミなどの害鳥や害獣が増えている。観光客が持ち込んだウサギの餌の食べ残しが原因とみられ、ウサギのために与えた餌が「天敵」を増やすという矛盾にあえぐ。
(中略)
大久野島のウサギは、島内の小学校で飼育されていた数匹が1970年代に放たれ、野生化して増殖したとされる。開設された国民休暇村のシンボル的存在として人気を呼び、市のPRもあって観光スポットになった。観光客らがSNSなどで「ウサギ島」と紹介したことで知名度が上がり、2013年に約12万5000人だった観光客数は、19年には約28万9000人に膨れあがった。かつて旧日本陸軍の毒ガス兵器工場があり、今も各所に遺構が残る島だが、今では「ウサギ島」の愛らしいイメージが定着している。
(後省略)
大久野島のカイウサギ

『野生のウサギ?』

新聞記事には「島内の小学校で飼育されていた数匹が1970年代に放たれ野生化して増殖」という文がありますので、野生のウサギでなく野生化した国内外来種か外来種といったところなんですね。

大久野島すべてのウサギは、外来種のカイウサギ(家畜化したアナウサギ)が野生化したものだそうです。 なお、カイウサギ(アナウサギ)は国際自然保護連合により世界の侵略的外来種ワースト100に指定、日本では外来生物法で重点対策外来種に指定されている、やっかいなウサギでもあります。

そして、その一方でカイウサギは世界中から関心と愛着を持たれる種でもあるのです。

観光客が『ウサギの島』をSNSで紹介したことで人気に火がついて、新聞記事にある通り観光客も右肩上がりなんです。

❖かつては「毒ガスの島」

そもそも、大久野島では昭和初期から旧陸軍による毒ガス製造が行われており、びらん剤や血液剤などの毒性・耐性・暴露実験にウサギが用いられていたそうで『毒ガスの島』で有名なんだそうです。

大久野島に旧陸軍の毒ガス製造所(正式名、東京第2陸軍造兵廠忠海製造所)が開所したのは、1929(昭和4)年5月19日。旧陸軍は第1次世界大戦(1914~18年)中から毒ガス兵器の研究に着手しており、25年にドイツの科学者メッツナー博士を招いて開発を進め、致死性の毒ガスの合成に次々と成功したのです。

主に製造されていたのは、皮膚にただれを起こす糜爛(びらん)性の毒ガス「ルイサイト」。島では他にも同じくびらん性でそのカラシ臭からマスタードガスとも呼ばれる「イペリット」や、青酸性、催涙性のガスが製造されていたのです。

そんな戦争の歴史を払拭したかったとかではなく、単に野に放たれて増えたウサギの人気に火がついて『ウサギの島』として有名になったそうです。

❖カイウサギの生態

・繁殖力が高く、年に3から5回、1産で1から9羽の仔を産む。1羽のメスで年間20から25羽産む。
・死亡率は1歳までに90%以上。成獣の生態的寿命は2歳まで、6歳を超えない。
・草食性。
・繁殖のため地下に掘った穴や地表の巣で生活する[4]。
・行動範囲は0.2haから10ha。縄張りを持ちコロニーを形成する。1日中活動するが夜間のほうが活発的。大久野島では夏の暑い時間帯はほぼ活動しない。

❖カイウサギの被害

自生している植物を食べすぎて裸地(らち※)になります。風雨による土壌の浸食・流出が引き起こされ、裸地化が進行してしまいます。

※草木が1本も生えておらず、岩や土がむきだしになっている土地(地面や場所)のことです。

❖被害・・・自生している植物を食べる

カイウサギの被害として、自生している植物を食べて、その土地が土むき出しの状態となることですが、これはブラックバスやブルーギルなどのように在来種を食べつくしてしまうような被害ではありません。

間接的に植物をエサとしている動物や昆虫などを減らしていることが考えられますが、大久野島では、そのような報告はあがっていません。

例えば、石川県輪島市の七ツ島では、地面に穴を掘って巣をつくるオオミズナギドリの巣穴を占拠。また食害でノアザミなどの植生が破壊されて裸地化が進み、鳥類の生息環境も悪化したそうです。

❖被害・・・農作物を食べてしまう

もうひとつ、カイウサギの被害としては農作物をたべてしまうことが挙げられます。こちらは農業被害による経済的損失となります。

例えば、奄美大島と徳之島では農作物被害が散見され始め,特にタンカン樹に対する食害(剝皮や樹葉の採食)は被害樹の枯死や収量低下をもたらしているそうです。

❖動物園のように飼っている

大久野島では農業被害の報告がなく、生態系に影響を与える報告もあがっていません。エサとなる植物もないので人からもらうエサに頼っているのです。この辺りが外来種問題として目くじらたてて「外来種駆除」とはならないのかもしれません。

実際には動物園の放し飼いみたいな感じで身近にいる野ウサギに触れあえるということなのです。
島全体が動物園となっているのです。

❖ウサギのエサを狙ってカラスやネズミがくる

大久野島では観光客が持ち込んで与えるエサを食べに天敵であるカラスやネズミが増えているそうです。ネズミはウサギの穴に入り込み、ウサギの子供を捕食します。カラスも飛んできて捕食するのです。

まぁ、皮肉なものですが、人間様の都合通りに生き物たちは動いてくれないということです。ウサギを守るために対策をしないといけません。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。