龍ヶ崎龍之介のアクアリウムとワークライフバランス

アクアリウムを中心として、他にもホラーやパソコンなどの趣味や仕事、他に日常の出来事について好き放題書いていこうと思います。虎ノ門虎之助でメダカのプログを書いていますが、他のことも書きたくなりましたので新しいプログを立ち上げました。

スポンサー広告
スポンサー広告

カテゴリ: 生き物

今日はパウパウアクアガーデン銀座店に行きました。熱帯魚を中心に淡水魚、海水魚や、カメやカエルなどの爬虫類、外国産クワガタなどの昆虫などを取り扱っており、そして飼育する為の飼育用品が充実しているショップなのです。

今日は日曜日。休日には久しぶりに行きましたが、現在のコロナウィルス流行により、いくら緊急事態宣言解除で外出する方が増えたと言っても、まだまだインドアで過ごす方が多く、インドアで楽しめる趣味として人気なのか沢山の人で賑わっておりました。

店内を見まわしていますと、昭和の時代から見慣れたカメが販売されているのを見かけました。「ミシシッピアカミミガメ!」と思い、近づいたところ「キミミガメ」という名前でした。

しかしながら、どうみても「ミシシッピアカミミガメ」の姿ですので別名で販売しているのかと思いました。

しかしながら調べてみますと「ミシシッピアカミミガメ」の亜種に当たり、名前の通り耳部分の色が赤ではなく黄色になるのが特徴の珍しい亀で、正式には「カバーランド・キミミガメ」というのだそうです。

アカミミガメの種の中では一番小さく最大でも20cm程度です。ミシシッピアカミミガメは最大28cmですので、ちょっと小さいぐらいです。

つい最近、特定外種指定の向けて検討に入ったとのニュースが流れましたが、環境省のホームページでは「特定外来生物に指定する方針を定めたという事実はありません。いま飼っている個体は、野外に放したり捨てたりせず、最後まで飼い続けるようご協力をお願いいたします。」ということでした。

もし特定外来生物に指定されても、亜種はされないでしょうから、似たような「キミミガメ」が人気になったりするのでしょうか?「キミミガメ」には罪は全くありませんが、何とも複雑な心境です。

販売されたいた「キミミガメ」です。
20211010_164042075_


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメット カメのおやつ お徳用 8g×5袋入り 関東当日便
価格:424円(税込、送料別) (2021/10/10時点)



石の上にのってジッとしています。「ミシシッピアカミミガメ」と変わりありませんね。
20211010_164047233_




※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

再び人間が大きな過ちをしようとしております。以下のニュースです。

自然の摂理に背いてはいけないと過去の歴史、過ちから学んでいるはずですが、それをなかったことにして、戻す事のできない暴挙にでております。

伝染病を媒介する蚊を減らすために子孫を残さない蚊を遺伝操作で作り出して、野に解き放ち、蚊の増殖を抑えて、人間に病気が蔓延しないようにするのです。

記事を読んでみてください。

雌に不妊もたらす蚊を“大量生産”中国の感染症対策(中国2021年8月)

「世界最大の蚊の工場」と呼ばれる中国の研究所で、感染症対策として雌の蚊の不妊を引き起こす細菌に感染した雄の蚊を大量生産する試みが始まっています。

おびただしい数の蚊が飼育されているのは広東省・広州市の研究所です。

中国メディアによりますと、この研究所では不妊を引き起こす細菌に感染した雄の蚊が一日あたり500万匹生産され、世界最大の蚊の工場と呼ばれています。

感染した雄と交尾した雌が不妊になることから蚊の数を減少させる効果が期待されています。

この蚊を使い、広東省の複数の島で行った実験では、デング熱などを媒介するヒトスジシマカをほぼ全滅させることに成功したということです。

研究所の担当者は、この細菌に感染した蚊に刺されても人間が不妊になる可能性はないと説明しています。

遺伝子組み換え蚊を7億5千万匹の放出する計画、フロリダ州当局が承認(アメリカ2020年6月)

(CNN) 遺伝子を操作した7億5000万匹あまりの蚊を、2021~22年にかけて米フロリダ州フロリダキーズに放つ計画が、地元当局に正式承認された。

この計画に対しては地元住民が反対運動を展開してきた経緯があり、環境保護団体は「ジュラシックパーク実験」と非難している。
計画については米環境保護局(EPA)が今年5月、フロリダ州は6月に承認しており、今回、地元モンロー郡が正式承認した。

計画に反対してきた団体は19日に声明を発表し、「間違いがあったらどうなるのか、我々には分からない。EPAは環境リスクについて真剣に分析することを不当に拒んだ。今、リスクについてさらなる検証を行うことなく、実験が遂行される」と批判している。

今回の実験の目的は、殺虫剤散布の代わりに遺伝子操作した蚊を使ってネッタイシマカを駆除できるかどうか検証することにある。ネッタイシマカはジカ熱やデング熱、チクングンヤ熱、黄熱病などの感染症を媒介する。

実験に使う「OX5034」と呼ばれる蚊は、幼虫の段階で死ぬメスの子孫しか生まれないよう遺伝子を操作されている。蚊が血を吸うのは卵を産むメスのみで、オスの蚊は花蜜しか吸わないことから感染症を媒介させることはない。

OX5034は、遺伝子組み換え生物(GMO)の開発を手がける英オキシテックが開発した。同社によると、テキサス州ハリス郡でも2021年から遺伝子を操作した蚊を放つ計画が承認されているという。

EPAは、遺伝子を操作した蚊が人間や環境に与える影響について数年がかりの調査を行った後、オキシテックの申請を承認した。

伝染病が減ったところで別にうれしくありませんし、得をするのは人間だけで自然破壊他ならないです。蚊を含めて、生命が存在する意義は必ずあるはずで、この蚊が減ったことにより、自然界のバランスが大きく崩れることになるのは間違いないです。

何人も自然をコントロールすることはできないと思います。

世間は「コロナ渦」ですが、コロナも最初は一種類でしたが、デルタ株、ラムダ株と変異しており、すでにワクチンが効かないなどの報道もされております。

自然界に解き放たれた遺伝子操作の蚊たちも、亜種や変異種がでてくる可能性は否定できません。

2つ目の記事にある「ジュラシックパーク」という映画をご存知でしょうか。「ジュラシックパーク」は遺伝子操作で復活させた恐竜たちのパークを作る計画の検証にやってきた博士たちが、人為的なトラブルや災害に巻き込まれたパーク自体が崩壊し、恐竜が逃げ出して人間を襲う映画です。

この中で遺伝子操作をした恐竜をパークに放ちますが、検証にきた博士が「繁殖」の質問をしますが、遺伝子操作で恐竜を生み出した博士は「恐竜はパーク生まれであり、全てメスで野外で繁殖はしない。」と説明しておりましたが「生命は進化の道を模索する」という持論の博士の言うとおりに、屋外でも恐竜は繁殖している形跡がありました。

これは映画の中の世界ですが、蚊に例えても同じようなことが言えるのではないでしょうか。

一旦、解き放たれたら最後、どのような結果になっても回収することはできないのです。

猛毒をもった蚊が変異種、亜種として誕生したら、どうするつもりなのでしょうか。

蚊と言う小さな生き物ですので、荷物に紛れて国から国へ拡がっていきますので、もうその時は遅いです。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

コロナ渦の巣ごもり需要増加でペットの販売数が伸びております。新しい飼い主の元で幸せに暮らしていけるならいいのですが、やはりといいますか、当然といいますか、飼えなくなったペットを返却する、捨てるなどの残念な行為が増えております。

生き物を飼う場合は、生き物のことを調べると思います。「何を食べるのか?」「いつ寝るのか?」「どれくらい生きるのか?」「どんな飼育設備がいるのか?」「繁殖のこと(繁殖時期、、繁殖方法、繁殖数)」などです。

そして、自分自身が「飼えるのか?」を考えると思います。「自分の住まいでペットを飼っていいのか?」「長く家を空ける(出張、転勤、残業などで帰宅が遅い)ことがないか?」「家族はペットを飼っていいことを賛成か?」「毎日、食事を与えられるのか?」「自分の体力で世話をできるのか?」「自分の寿命(自分がいつまで生きるかわかりませんが一般的な寿命)より長く生きる寿命の生き物であるか?」「ペットにお金をかけることが経済力があるか?」「もし飼えなくなった場合はどうするのか?(あまり考えたくありませんが、考えなくてはいけません)」です。

自分自身が飼いたいペットですので、実際に飼ったところをイメージして、いろいろと検討すると思います。

しかし、ここをゴッソリ抜かして「とりあえず可愛いから。」「とにかく飼いたいから。」という理由だけで購入を決めてしまう人が結構いるようです。

その結果、どうなるかといいますと「世話がかかる。」「こちらが意図した行動をしてくれない。」「そんなに可愛くない。」「部屋を汚くする。ペット自身が汚い。」などと人間様の勝手な都合で手放してしまう方がいるようです。

とても悲しい出来事です。

このような場合は、人間側が100%悪いです!ペットが悪いなんて1ミリたりともないです!

一例で言いますと、犬猫であれば殺処分や里親探し、魚を池や川に放して、在来種を駆逐して外来種天国となっております。

動物愛護法は、努力義務ばかりで罰則が一切ないので、責任意識が希薄になっているです。

やはり、犬猫などの哺乳類や、トカゲ、ヘビなどの爬虫類、カエルなどの両生類など動物を販売する、動物を飼うなどは免許制として、参入障壁を高くして違法な業者を参入させない、責任感の低い飼い主に動物は飼わせない、などとする(魚とかは難しいですが)。

それでも動物を捨てるなどをした場合は罰則、そして今後、動物を飼えないようにブラックリストに登録しての監視を強化とする。

そして、何といっても動物愛護法の罰則強化、特に虐待など刑事罰として、禁固刑に処すなどの厳しい法律が必要かと思います。

皆さん、どう思いますか?



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


アメリカザリガニ、特定外来生物に指定へ 放出禁止に

生態系への影響が深刻な外来種のアメリカザリガニとアカミミガメ(ミドリガメ)について、環境省は法令で定める特定外来生物に指定し、野外で繁殖しないよう規制する方向で検討を始めた。特定外来生物に新たな区分を設けて、ペットとして飼うことは認めたうえで、輸入や販売、野外に放出することを禁止する。

昭和に生を受けました人間ですが、子供の頃から近所の子供たちにはアメリカザリガニは大人気でした。

まだ、アメリカザリガニが外来種で、在来種を駆逐しているなんてことはまったく知りませんので、大きい赤いアメリカザリガニを捕まえた時には、能天気といいますか、無邪気といいかすか「まっかちん(アメリカザリガニの別名称)が捕れたー!」なんて喜んでおりましたし、メダカやミナミヌマエビが捕れても『小物扱い』として、すぐにリリースしておりました。

アメリカザリガニが外来種で厄介者だと知ったのは大人になってからでした。

特定外来生物には指定されますと、飼育、栽培、保管及び運搬することが原則禁止されますので、そもそも川や池、沼や田んぼ、用水路とありとあらゆる所にいるアメリカザリガニを捕ることもできなくなりますし、飼うこともできなくなります。

子供の頃から慣れ親しんだ生き物ですが、在来種を脅かして、農作物に被害を及ぼす外来種を規制することは仕方のないことかもしれません。

特定外来生物に指定されますと、輸入や販売だけでなく飼育にも国の許可が必要になるそうです。

特定外来生物に指定されて、許可をとるのが面倒くさい、罰則を逃れたい飼い主が野外に一斉に放って個体数が急激に増加する可能性もあり、指定の是非が議論になっていたそうです。

子どもが遊びで釣り上げたり、網で捕ってきたりと、知らずに捕まえて家に持ち帰ったりした場合にどう対処するかなど、個別のケースについては今後、詰めるそうです。

「ペットとして飼うことを認めたうえで・・・」という言葉もあるので、もしかしたら飼うのは問題ないかもしれません。

7月6日の専門家会合で、規制の必要性などを盛り込んだ提言案が示され、大きな異論は出なかったそうですので8月にも提言を正式に取りまとめるそうです。環境省は来年の通常国会に改正法案を提出する方針で、早ければ2023年にも規制が始まる可能性があります。

どうなるかわかりませんが、外来種に対する法律はますます厳しくなっていきますので、子供の頃に慣れ親しんだ生き物が実が外来種であり、規制対象になるのもますます増えると思われますし、外来種自体、販売できなくなることもあるかもしれません。









※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

最強最悪の外来種「ナガエツルノゲイトウ」があるそうですね。いやー知りませんでした。

熱帯原産の水草で短い時間に大繁殖して、作物を駆逐して農業に被害、池や川を覆って船の通行を妨げたり、水中に日光があたらなくなり微生物や魚などの水棲生物が死に絶えて漁業にも被害、そして、千切れた水草が排水口をふさいで、治水ができなくなると、深刻な被害をもたらします。

もともと観賞用植物として輸入されたものだったそうです。

ナガエツルノガイトウが最悪なのは以下の通りです。
 ・地中深く根付いて水草を簡単に引き抜くことができない
 ・わずかでも根が残ると生えてくる
 ・駆除した根や茎から繁殖する


これは最強ですね。
1回の除草では再び生えてくるそうで、何度か除草しないといけないそうです。群落(※)になると、重機を使用して除草しないといけないので多額の費用がかかるそうです。

※一定範囲の場所に生成し互いに繋がりのある植物の個体群全体を指す。

いつも思うんですけど、こういうのは砂漠化が拡がっている場所に植えて生やして、砂漠化を防ぐことができないものでしょうか?この方法自体も外来種の流入と同じ扱いになってしまうんですけども。

ただ、この植物を持ってきた人間が悪いのであって何も罪はありません。植物には変わりありませんので、何か転用できないものでしょうか。





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

千葉県柏市の周辺でおととし茨城県のペットショップから逃げたとみられる、絶滅危惧種の「ミナミジサイチョウ」という鳥の目撃が相次ぎ、捕獲作業が進められた結果、5日午後、隣の白井市の田んぼで捕獲されました。

絶滅危惧種の「ミナミジサイチョウ」という体長1メートルほどの鳥で、茨城県内のペットショップからおととし秋に逃げ出した鳥とみられたことから、従業員らが捕獲作業にあたっていました。

まず、「ミナミジサイチョウ」はアフリカ南部の棲息している鳥ですので、日本の気候では、決して長生きすることはできないと思われますので、捕まってよかったと思います。

最近は「アミメニシキヘビ」の脱走劇から、動物の脱走に脚光が当たるようになりましたので、よく報道されますが、こうした報道を見ますと、個人でもペットショップのような専門の業者でも、しっかり管理していないと簡単に脱走してしまうんだなぁと思う次第です。

自分もミシシッピニオイガメという種の外来種を飼っておりますが、このような状況が続きますと、外来生物の輸入禁止、飼育禁止措置の法律が厳しくなっていくことは「自国の在来種保護」「他国の種の保存」の観点のから、仕方のないことであると思っております。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

手賀沼。手賀沼は千葉県北部のある利根川水系の湖沼(こしょう)です。

昭和20年代まで手賀沼の水は底が透き通って見えるほど澄んでいて、夏には子ども達が泳いで遊び、漁師は漁に出るとき沼の水をすくって飲んだといいます。

しかし、昭和30年代後半以降、高度経済成長を背景として手賀沼流域で宅地開発が急速に進むと、大量の生活排水が沼に流れ込み水質を悪化させました。

また、生活雑排水に含まれるチッソやリンによって沼の水が富栄養化したことで、植物プランクトンが異常増殖し、さらに汚濁が進みました。夏にはアオコが異常発生し、沼の水は緑色に染まりました。

こうして手賀沼は、環境庁(現在は省)の調査が始まった昭和49年度から平成12年度まで、何と27年間日本一汚濁した湖沼という不名誉な記録を続けました。

手賀沼は他にも外来種に侵入、汚染された湖沼でも有名でして、最近ではカミツキガメの繁殖していることでも有名です。

現在は、田植えを終えたばかりの季節ですが、コブハクチョウによる食害で、イネが食べられてしまうんです。

コブハクチョウはカモ科の鳥でユーラシア大陸の中緯度地域に広く分布し、成鳥では全長150センチ程度になります。手賀沼で初めて観測されたのは1970年代。外来種のため、飼育されたものが逃げ出したか、人為的に放たれたものだということです。

1990年代に増え始めて、現在は200羽程度の生存が確認されていますが、このコブハクチョウ、法律により駆除ができません。

対策としては、偽の卵を使った繁殖の抑制です。巣を見つけて卵を撤去し、偽の卵を置いて巣から生まれるヒナがでないようにするします。この方法であれば、ひなや親鳥は無理でも卵は駆除できるそうです。地道で大変な作業ですね。

どんな理由でも、いったん野に放たれた生き物を取り除くことは、とても難しいことです。







※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

熊本 山鹿市で事務所で大麻を栽培していたリサイクル会社社長が捕まりました。

屋外ベランダでメダカや金魚、フナを飼っているのですが、最近、大規模修繕に伴う修繕積立費の値上げもあり、大規模修繕がある数年後は「どうしようかね?」なんて家族と話しあってたんです。

中古で購入しましたので、大規模修繕工事は次で2回目になりまして、1回目は、下に植木鉢置き場などを用意してくれたので、水の入った重い容器を1階まで運んだのですが、メダカなど、環境変化に耐えきれない水棲生物や水生植物は全滅し、生き残ったものは僅かという結果になりました。

今回も大規模修繕工事では、当然ベランダを使用できません。

しかしながら、2回目の大規模修繕工事は、部屋の中に置いて飼育できないか思案中なのであります。一番ネックなのは、太陽光が当たらない事だと思います。

それを補う照明はありますが、如何せん数が多いのと、完全に代わりにはならないだろうと踏んでおりまして、ちょっと悩ませいい限りではあります。

また、太陽光の代わりに照明を使うことになると、電気代がかかるという話をしていまして、そこで電気代といえば、大麻栽培にはかなり太陽光が必要となり、それを室内でやるとなると、電気代がかなりの額になりますので、そこで警察に目をつけられるという話になってしました。

ただし、我が家に乗り込んでこられても、これはメダカや金魚、フナなどの水棲生物、ハスやスイレンなどの水生植物しかありません。まぁ、ありえないことですけども。

そんな話をしていましたので、今回社長が捕まった時に「ベタな展開だなー。」と思わず、テレビに向かってつぶやいてしまいました。

しかしながら、大麻栽培で社長の逮捕の記事を検索したら、普通に「家でできる大麻栽培の育て方」とかでてきますので、ちょっとビックリした次第ではあります。こんなのが普通に紹介されていていいんですかねと思ってしまいます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大麻でパクられちゃった僕 [ 高野 政所 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/6/1時点)






※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

晩御飯にニジマスを塩焼きを食べました。とても美味しかったです。ニジマスは1877年に日本に入ってきました外来種なんですね。これはビックリしました。

そもそも塩焼きでアユとニジマスは双璧かと思っていましたので、アユと同じ在来種かと思っておりました。

一般的には40cmぐらいですが、大きいものですと100cmを超えるそうです。100cmを食べると大味なんでしょうか。冷水を好みますが、水温12℃から25℃まで活動範囲ですので、割と水温は幅広いので、養殖し易い魚なんだそうです。

昔、父親に連れていかれた清流(どこか覚えていないです)に放流されたニジマスを釣るという釣り堀に行き、そこで釣ったニジマスを塩焼で食べたのですが、その美味しい味を忘れられません。

ニジマスを見かけますと衝動買いしてしまうことがあり、塩焼で食べるのが最高なのです。









※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

アミメニシキヘビの脱走劇に引き続きといいますか、横浜市と富山市で相次いでイグアナが見つかるニュースがありました。

動物脱走にスポットライトが当たってしまっていますので、報道されやすくなっていますので、脱走した動物が報道機関に知られますとニュースになってしまいます。

何らかの理由で脱走させてしまったんですけども、やはり飼い主様の管理責任が問われると思われます。

実は動物の脱走劇は沢山あると思いまして、実際には、アミメニシキヘビなどの「特定動物」もいると思います。

飼い主様が申告すれば、問題ないんですけども、野外に逃がして素知らぬ顔しているのも考えられます。

そう思えば、横浜市のアミメニシキヘビの飼い主様は、正直な方なのです。

とにかく、動物を逃がしてしまっても、自己申告しなければ、飼い主様の責任であるかわからないのが欠点であり、何らかの規制が必要なんですけども、その運営も税金投入となりますので、なかなか難しいのが現状なのですね。

全国の飼い主様が肩身の狭い思いをしないように願うばかりです。







※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

このページのトップヘ