龍ヶ崎龍之介のアクアリウムとワークライフバランス

アクアリウムを中心として、他にもホラーやパソコンなどの趣味や仕事、他に日常の出来事について好き放題書いていこうと思います。虎ノ門虎之助でメダカのプログを書いていますが、他のことも書きたくなりましたので新しいプログを立ち上げました。

スポンサー広告
スポンサー広告

カテゴリ: 生き物

アミメニシキヘビが見つかりました。何でも天井裏に潜んでいたとの事です。よかったですね。

当初から言われていたことですが、周辺の捜索で痕跡がないことと、気温が低いのでそうそう動けないのであろうということで、天井裏に潜んでいるのではないかとの推測をiZOOの白輸園長が仰っていましたが、その通りでした。

特定動物(法律で定められた危険な動物)の許可申請は、申請を環境省のホームページがダウンロードするようですが、沢山の申請がいるようですね。また、施設や設備に関しては、細かくて厳しい基準があるようです。申請とともに施設や設備の図面、写真なども提示しないといけないそうです。

それでも、規則に反した檻で飼っていたということですから、申請が一度通ってしまえば、その後は自由なんでしょうね。定期的な立ち入りなどが必要なんでしょうけど、人手と費用(税金)がいるので難しいでしょうね。今回の件を受けて、厳罰化か個人では飼えない方向に進んでしまうかもしれません。しっかり飼っていらっしゃる方もいますので、ちょっと残念なことになるかもしれません。

◆法令・基準等(環境省ホームページ抜粋)

・動物の愛護及び管理に関する法律施行規則(平成18年1月20日環境省令第1号)
・特定飼養施設の構造及び規模に関する基準の細目(平成18年1月20日環境省告示第21号)
・特定動物の飼養又は保管の方法の細目(平成18年1月20日環境省告示第22号)


飼い主の方は下記の違反をしてしまいましたが、どうなるんでしょうか。他に捜査費用、借りたアパートとの大家さんとの損害賠償請求や捜索で屋根裏捜索による住居の解体などの費用、そして罰金と、どうなってしまうんでしょうか。もし、全て払うことになったら、とても払えないんではないでしょうか。とにかく代償は高くついてしまいました。

罰則(環境省ホームページ抜粋)
 以下の行為を行った場合には、個人の場合は6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金、法人の場合は5,000万円以下の罰金に処せられます。

 ・無許可で特定動物を飼養または保管する
 ・不正の手段で許可を受ける
 ・許可なく以下を変更する
 ・特定動物の種類及び数、飼養施設の所在地、飼養施設の構造及び規模、飼養又は保管の方法、飼養又は保管が困難になった場合の対処方法


いずれにせよ、アミメニシキヘビにはまったく罪はありません。今回、人に危害がなくて幸いでした。危害を加えると殺処分なんてことになりかねませんからね。現在は横浜市が管理していて第3者へ譲渡されるそうですので、幸せに生きてくれればと思います。





※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

5月17日記事に宮城県に「ツツガムシ病」が確認されたそうです。

「ツツガムシは」ダニの一種で、体長0.2ミリでなかなか肉眼で見ることが難しい虫です。吸血するのではなく体液を何時間もかけて吸いますが、痛みや痒みはほとんどありません。「ツツガムシ」に刺されて病原体が体内に入ってしまった場合に「ツツガムシ病」が発症します。

「ツツガムシ病」は、北海道、沖縄を除く全国で発生しており、年間300~500人が発症し、数人が亡くなっている病気です。

「ツツガムシ」に刺された場合は、無害の場合もあり刺し傷が赤くなりますが消えていき、有害の場合は赤く腫れあがり、5日~14日後に食欲不振、発熱など風邪のような症状が出ます。重症になると肺炎や脳炎症状を引き起こし、最悪の場合は死にいたるいう怖い病気です。

特に暖かくなるシーズンでは、キャンプや登山、川など、家族で出かけることが増えると思いますので、注意が必要です。

特に野山や草むらなどに入る時は、肌をさらさない服装(長袖、長ズボン、手袋ですが、長ズボンは必須)を心掛けるべきです。

また、虫よけスプレーをかけて予防してください。









※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

連日報道されております、アミメニシキヘビ騒動ですが、Youtubeで「生物ハンター加藤英明」教授の現地へ行って捜索する動画を見ましたが、「これは見つからんなぁ~。」というのが第一印象でした。

動画を見た限り、現地は野生動物が棲むには絶好の場所です。森、草原、川、沼、湿地帯のような場所がふんだんにありまして、ヘビにとっての隠れ家が至る所にあります。

捜索の時にある大きな一軒家の家主様に許可を得て庭を探すんですが、この一軒家の土地が、また広いこと!広いこと!

そして、庭が森と隣接していまして、更に防空壕があり洞穴が四方八方に伸びていています。倉庫小屋も沢山ありまして、小屋の中は物であふれかえって、ヘビにとって絶好の隠れ家が沢山あるんですね。小屋や防空壕にハクビシンの骨(寿命か病気で死んでしまったと思われます)がありました。

ハクビシンは外来種でして、どこに市町村でも駆除対策の対象にもなっている動物でして、飼育下で逃げ出した個体や飼いきれなくて逃がされた個体が繁殖して増えています。戸塚区はハクビシンだけでなく、他にもアライグマやタイワンリスなどの外来種もいて、アミメニシキヘビには絶好のエサが豊富にありますので、食料には困らないと思います。

そして季節はこれから暖かくなりますので、冬までは元気に生きていきます。周辺住民の方々は、小さな子供を一人で遊ばせないことや、ワンちゃん、ネコちゃんは、外で飼わないといった対策が必要になります。

最悪、冬まで(アミメニシキヘビの日本に冬を越せない)の辛抱ですが、それまではヘビに怯えながら暮らさないといけませんので、早く見つかるといいんですが、動画を見た限り絶望的な気分になります。









※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

横浜市の会社員の自宅からアミメニシキヘビが逃げ出して早や4日目。アミメニシキヘビ(体長3.5m)は10mにもなるニシキヘビで、毒はないものの、巻き疲れたら全身筋肉の塊ですので、子供なら死んでしまいかねません。

飼い主様の飼育管理が杜撰であるのは言うまでもありませんが、一刻も早く見つかってほしいと思います。

このような話がでますと、周囲の目も厳しくなるとともに法律も厳しくなっていきますので、生き物と暮らしている方々は肩身の狭い思いをすることになります。

ただ、アミメニシキヘビには全く罪はありませんので、見つけても駆除や退治がされないことを祈ります。でも、子供を襲ったりすると、殺処分になってしまうかもしれませんので、繰り返しになりますが、人間にもアミメニシキヘビのとっても早く見つかってほしいです。

特に生き物は、人間が思う想定外の動きをしますので、飼育する上での管理はしっかりやりすぎていてもいいくらいです。

我が家のドジョウでも容器から出てしまい、お隣さんに家に這っていってしまったぐらいですので、3.5mのヘビならば、物凄いパワーで少しでも隙間があれば逃げ出してしまうことでしょう。

しかし、生き物、特に外来種を飼育する法律はようやくといいますか、だいぶ厳しくなってきているものの、まだ抜け穴だらけでして、外来種が野に放たれて繁殖してしまうことも事実です。

私は少年だったころ、近所のペットショップで小さなワニ(20cmぐらいだったと思います)が水槽に蓋をされずに販売されておりました。店内に入らないらしく、店の外で販売されていました。なんと普通にワニに触ることができたのです。

ある時、ワニを触り続けていたら、いつもは全く動かなかったワニが、突然噛みついてきた時がありました。素早く手を引いたので事なきを得ましたが、それ以降、ワニを触ることはしませんでした。

その頃は、外来種の脅威を知らないのでアメリカザリガニが捕れるとうれしかったですし、ウシガエルのオタマジャクシ(体長が大きいので楽しかった)を育てたり、縁日でミドリガメがカメ掬いの景品として金魚掬いのように泳いでいるのをよく見かけました(親がカメを飼うのを許してくれませんでした)。

外来種で在来種の脅威としったのは、はるか後の大人になってからなのです。

それでも、現在でもザリガニを飼ったり、カメを飼ったり、水草を育てたりはしております。いずれも外来種です。ルールを守ってしっかりと飼育の管理を行い、最後まで責任を持って飼いましょうという事です。

まだまだ爬虫類は販売されております。購入するからには、最後まで責任を持って飼いたいところです。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウーパールーパー リューシ(金環あり) 約4〜5cm前後
価格:1580円(税込、送料別) (2021/5/9時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アカハライモリ 1匹
価格:410円(税込、送料別) (2021/5/9時点)



※アカハライモリは在来種です。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

現在、緊急事態宣言が4県に、蔓延防止重点措置も発出されており、近所のスーパーやデパートへの買い出しなどで出かけたり、どうしても親元に用事がある帰省、しっかり対策をしてのお出かけなど外出する機会があるかと思いますが、不要不急の外出はしないという方もいますので、巣ごもり需要も相変わらず高いかと思います。

巣ごもり需要で、脚光を浴びているのが「動物を飼う事」かと思います。巣ごもり需要で増加しているそうです。

その一方で飼育できなくなるので手放すことも多くなってきているそうです。それは以下の理由かと思います。他のサイトに載っているものとは若干違います。

❖手放す理由
 ・飼育するのが面倒くさい
 ・大きくなりすぎ
 ・凶暴になり手が負えない
 ・自分(人間)の取り巻く環境が変わった
 ・寿命が長すぎる


◆飼育するのが面倒くさい
毎日、生き物のお世話しなくてはなりません。お世話はエサをあげたり、排泄物、ゴミの掃除、病気になっていないかの観察、水棲生物なら水の入れ替えなど多岐にわたります。

お世話をしていても、生き物は犬や猫のように愛情をかけると懐いたり、甘えたり、可愛い姿を見せてくれ、スキンシップをとることができます。

でも毎回とは限りません。ストレスを感じて癇癪を起して暴れたり、鳴いたり、噛んだり、引っ掻いたりします。人間の都合に合わせてはくれません。人間関係と同じことが言えると思います。

犬や猫以外では、懐いたり、甘えたりしませんし、そもそもスキンシップがとることができずに、観察することしかできいかもしれません。更にあまり物陰に隠れてなかなか出てこない生き物の場合は、観察するすら、かなわないかもしれません。

◆大きくなりすぎ
生き物は、どんな種類でも赤ちゃんの時は小さくて、とても可愛いです。赤ちゃん時代ならではの愛らしい姿やコミカルな動きを見せてくれ、とても癒されることでしょう。

でも、それはほんの一時です。小さかった赤ちゃんはあっという間に大きくなってしまい、赤ちゃん時代の可愛らしさがなくなってしまいます。

そして大きくなりすぎて、飼育ケースや飼育場所で飼えなくなってくる、一回り大きい飼育ケースや飼育場所を確保しなくてはなりません。まだ確保できればいい方です。大きくなりすぎて飼育ケースや飼育場所が確保できない場合も出てくると思います。

アリゲーターガー(※)などは20~30cmで販売されていますが2m近くになりますし、カミツキガメ(※)はベビーで販売されていますが、甲長だけで50㎝~70cmぐらいになります。

そして本日、横浜市で逃げ出したアミネニシキヘビ(3.5m)は最大10mにもなります。

※現在は特定外来生物に指定され飼うことはできません。

もちろん、犬や猫などは大きくなっても可愛らしさが残りますし、他の種も可愛いものもおりますし、大きくならない種もあります。自分の思っていた以上に大きくなってしまい、扱いも困るといったこともあるかと思います。

◆凶暴になり手が負えない
生き物は、どんな種類でも赤ちゃんの時は小さくて、とても可愛いです。赤ちゃん時代ならではの愛らしい姿やコミカルな動きを見せてくれ、とても癒されることでしょう。

赤ちゃん時代は大人しい性格でありますが、大人になるにつれて、遺伝子レベルで野生の性格になっていき、凶暴になっていまう生き物も多々あります。実は赤ちゃん時代でも凶暴な一面はでていたと思いますが、例えば噛まれても痛くはないので気にしておらず、いざ大人になってから噛まれると、出血してしむほど痛いなんてこともあります。

凶暴で手に負えない場合は、エサやりも大変ですし、飼育ケースや飼育場所の掃除もままならないのではないでしょうか。

◆自分(人間)の取り巻く環境が変わった
長生きする生き物と暮らしていた場合、自分(人間)の環境も変わってきます。10歳の子供時分で30年生きる生き物を飼い始めたとして、生き物が寿命を迎えるころには、40歳になっています。その間、中学校、高校、大学、就職、結婚、出産、子供の進学など、様々な人生のイベントがあります。

その間、パートナーとして暮らしていけることができるのでしょうか。

そして、引っ越し先で飼えなくなった、病気で飼えなくなった、経済的な事情で飼えなくなった、などの理由もあるでしょう。

生き物を飼い始めた時は、「最後まで面倒みよう!」「責任をもって面倒みよう!」と思いますが、長い年月や環境の変化で気持ちが揺らいでいくこともあるでしょう。

◆寿命が長すぎる
「自分(人間)の取り巻く環境が変わった」とダブりますが、長生きする生き物と暮らしていきますと、特に人間の病気や老化、寿命まで飼えるか?と言ったことが問題になってきます。

人間側が病気や老化、寿命で飼えなくなってしまった場合、家族が友人が知人が代わりに育ててくれるでしょうか?

友人知人はまずあり得ないですし、家族も愛情をこめて飼ってくれません。特にあなたが飼い始めた場合は、家族はあなたほど愛情を持って接してくれません。あなたが世話しているからこそ、愛情をこめて見てくれますが、あなたがいなくなった場合は、それほど愛情をもってくれません。

従いまして、生き物と長い間暮らすということは、あなた自身も健康で生き物以上に長生きしないといけないのです。

◆販売されている生き物に、こんな情報があれば..。
ホームセンターやペットショップ、ネット店で販売されている生き物に以下のような情報があればと思います。


◆生き物につけてほしい情報

  ・寿命

  ・親になった時の大きさ




◆寿命
一番の重要情報は寿命だと思います。特に人間の人生は限りがあるものですし、自分が死んでしまい、世話する飼い主がいなくなってしまうのは避けたいところです。

また、自分が少年時代に購入するとなっても、人生のイベントは沢山ありますので、その間、パートナーとして一緒に暮らせるか、一度購入する前に考えてほしいのです。

◆親になった時に大きさ
親になった時の大きさです。これは大きくなりすぎて、飼育ケースで飼えない、飼育場所で飼えないなど、自分の想定していた大きさより大きくなって飼えなくなってしまうことを避ける意味もあります。

一回り大きい飼育ケース飼育場所を用意するには費用もかかりますし、何か整理しないと広さを確保できない場合もありえます。

狭い日本の住宅事情と近所迷惑などを考えて、パートナーの環境が用意できるのか、購入する場合に想像してほしいのです。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

このページのトップヘ