竜ヶ崎竜之介のスマホ閲覧で通勤通学を有意義にするプログ

アクアリウムを中心として、他にもホラーやパソコンなどの趣味や仕事、他に日常の出来事について好き放題書いていこうと思います。虎ノ門虎之助でメダカのプログを書いていますが、他のことも書きたくなりましたので新しいプログを立ち上げました。

スポンサー広告
スポンサー広告

カテゴリ: 事件・事故


鉄骨落下は5本で計48トン 作業員は20m下に 東京駅前の事故(2023年9月19日)

 19日午前9時20分ごろ、東京都中央区八重洲1丁目の東京駅八重洲中央口に近い再開発工事現場で、「3階部分に鉄骨とともに人が転落した」と119番通報があった。警視庁によると、作業員の33歳と43歳の男性2人が鉄骨の下敷きになって死亡し、別の40代の男性が重傷を負い、20代の男性2人がけがをした。警視庁は業務上過失致死傷の疑いで調べる。

事故が起きたのは、2021年に着工し、25年度に完成予定の地上51階建て地下4階の商業ビルの建設現場。ともに大手ゼネコンの大林組と大成建設の共同企業体が工事を請け負っている。

警視庁中央署によると、亡くなったのは埼玉県朝霞市の原裕一郎さん(33)と千葉県市川市の花田大和さん(43)。大林組によると、2人を含めた5人は同じ下請け会社の社員という。

同署によると5人は事故当時、7階部分にいて、クレーンのワイヤにつるされた鉄骨の梁(はり)を取り付ける作業をしていた。この鉄骨がワイヤから外れ、その際に7階部分にすでに設置してあった別の鉄骨も落下したという。

亡くなった男性2人は鉄骨と命綱で結ばれていたといい、鉄骨と一緒に落下し、3階部分で下敷きになったとみられる。ほかの3人も7階部分から3階部分に落下したという。

鉄骨は長さ30メートル、幅30センチ、重さ15トンぐらいで、警視庁はクレーンのワイヤに不具合があったとみている。

大林組によると、落下した鉄骨は計5本で、長さはそれぞれ13~18メートル。重量は計約48トンあった。3階部分から7階部分までの高さは約20メートルで、7階部分で作業していた5人は全員命綱をしていたという。

5人とは別に、3階部分で作業していた1人にも飛散物が頭に当たり、病院で治療中という。

警視庁は今後、現場の状況を詳しく調べるとともに、共同企業体の安全管理責任者から事情を聴く方針だ。
東京駅前の事故


クレーンから落下した長さ9mの鉄骨の下敷きに…造船会社で45歳の男性作業員が死亡(2023年9月26日)

 26日夕方、高知市の造船会社で作業中だった40代の男性作業員がクレーンから落下した鉄骨の下敷きとなり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

事故があったのは高知市仁井田の新来島高知重工(しんくるしまこうちじゅうこう)です。

警察の調べによりますと、26日午後4時20分ごろ、工場の関係者から「状況ははっきり分からないが、男性が鉄骨に挟まれて意識と呼吸がない」と消防に通報がありました。

この事故で高知県香美市土佐山田町の会社員 武田進さん(45)が意識不明の状態で高知市内の病院に救急搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

鉄骨は長さが9mあり、武田さんはクレーン下の操作盤を自ら操作し鉄骨を吊り上げていたところ、何らかの原因で落下したとみられています。本来、事故が起きた時間帯にこの鉄骨を吊り上げる予定はなかったといい、警察は何のために持ち上げていたのか、事故の詳しい原因を調べています。

新来島高知重工は、コンテナ船や自動車・セメント運搬船など船舶の建造や舶用製品の製作などを行う造船会社で、武田さんは関係会社の社員だということです。
造船会社で事故

鉄筋落下で作業員が亡くなられた事故が2件立て続けに発生しました。

命を守る為に命綱をしていたそうですが、その命綱をつけた鉄筋が落下して引っ張られてであり、それが仇になるのは・・・なんともやりきれないです。

建築会社で働いてますが、工期を気にするあまり 守るべきことを守らずスピード重視の作業になってしまうことが多々あるんでしょうか。

安全確認、点検は自分がその日怪我なく家に帰れるための作業でもあることを改めて考えることが必要であり、家族ある人は元気な姿と顔で家族の下へ帰るためだと思って作業に臨んでもらえたらと思います。

今までもこういった事故で亡くなられた沢山の作業員の方がいらっしゃるはずで、ご遺族の方達からしたら、安全対策の末に起きた結果としても受け入れ難い事実ばかりでしょう。

事故の原因や内容にもよると思いますが、ご遺族への補償金などは当たり前のように対応して欲しいですし、報道などても取り上げられず同様の事故に遭われた事のある方々へも再度スポットライトが当てられるべきで、こういった事故が起きる起因について、大手ゼネコンやデベロッパーが雇用契約・形態を考え見直し、土地や建物ばかりにお金を投じるだけでなく、人への安全性の強度を高めるお金をちゃんと使って欲しいと思います。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


海岸を歩く女性に雷直撃、そばにいた男性も犠牲に 周囲は悲鳴(メキシコ)(2023年9月25日)

 世界では年間1000人ほどが落雷の被害に遭うと言われているが、このほどメキシコのビーチで雷に打たれて男女2人が死亡する事故が発生した。落雷の瞬間は当時、その場にいた海水浴客と思われる人物が撮影しており、動画がSNS上で拡散され、衝撃が広がっている。米ニュースメディア『New York Post』などが伝えた。

メキシコ中西部に位置するミチョアカン州のマルアタ・ビーチで現地時間15日の午後2時20分頃、グアナフアト州から夫と訪れていたエルヴィア・デ・ヘススさん(Elvia de Jesús、33)と、コリマ州テコマン出身のフェリックス・アンドレスさん(Félix Andrés)という男性が、落雷によって亡くなった。

当時、その場にいた人が撮影した動画には、偶然にも2人が落雷を受けた瞬間が捉えられていた。動画には、迫りくる雷雨から避難しようと天蓋付きのビーチハウスに逃げ込む人の姿が映っており、空には稲妻が走り、波が徐々に高くなりつつある様子が見て取れる。

そして、カメラが海岸を歩いているエルヴィアさんの姿を捉えた直後、大きな轟音とともに稲妻が彼女を直撃し、稲妻は砂浜を滑るように移動して、そばにいたフェリックスさんにも直撃した。落雷を受けた2人はその場に倒れ込み、周囲からの悲鳴が聞こえてくる。またカメラが大きく揺れていたことから、撮影者も動揺を隠しきれなかったようだ。

メキシコのニュースメディア『La Verdad Noticias』によると、エルヴィアさんが落雷を受けた後、先に海から上がっていた夫のロベルトさん(Roberto、34)が駆け寄って心肺蘇生を施したが、到着した救急隊によってその場で死亡が確認された。一方のフェリックスさんは、搬送先の病院で息を引き取った。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、米国内では年間約4000万件の落雷が発生し、雷に打たれる人の確率は100万分の1以下とのことだ。また、落雷の被害に遭った人の9割が生存しているそうだ。しかし日本の気象庁ホームページによると、積乱雲から直接人体に落雷する「直撃雷」を受けた場合、約8割の人が死亡するという。
メキシコ雷01_
メキシコ雷02_

凄惨な動画でした。こんなにもはっきりと人間が避雷針のようになって、雷に打たれる動画はなかったんではないでしょうか。

メキシコのビーチで男女2人が雷に打たれて死亡する事故が発生しました。最初に女性は雷に打たれて、その後、地面を伝って雷が伝線するかのように近くにいた男性が打たれて倒れます。

とにかく、女性に雷が落ちた最初は、不謹慎ですが何か映画のワンシーンを見ているかのように、よく悪魔や怪物が最後に雷に打たれて終わりを告げるような場面を思い出してしまいました。

世界中では、毎秒100回以上の落雷が生じているそうな。

年間でカウントすると3億回を超えるらしく、こんなに雷が落ちていたら、いつ人間に雷が落ちても不思議はありませんが、人間が雷に打たれることはまずありません。

正確なデータはないものの、その確率は隕石の落下で死亡する確率よりもはるかに低く、100万分の1などと言われています。ただ、サメに襲われる確率は、およそ370万分の1なので、はるかに高いのです。

とても運が悪いとしか、言いようがないのですが、ご冥福をお祈りいたします。

人体に雷が落ちるとどうなるのででしょうか。雷が落ちて体の表面を電気が流れる場合は衣類の破損、焦げや浅いやけどとなります。 体の中を流れると心臓や肺の運動を停止させますので致命的です。 両方に流れると心臓や肺への影響が軽減されます。

写真では燃えているかのようですが、雷によって光っているだけで、落雷によって体の中を電流が流れる時間は非常に短い時間(0.1秒以下)ですので高電圧の割に多量の熱は発生しません。

雷の落ちる場所ですが、雷雲の位置次第にはなりますが、どこにでも落ちます。海面、平野、山岳などところを選ばずに落ちます。そして高いものに落ちる傾向があります。 グランドやゴルフ場、屋外プール、堤防や砂浜、海上などの開けた場所や、山頂や尾根などの高いところなどでは、人に落雷しやすくなるので危険です。

雷が発生する理由にはさまざまな説がありますが、一般的には、雲の中にあるちり(微粒子)や水、氷の粒がぶつかり合ことで摩擦帯電が起きたり、氷の粒が分裂したりすることで、大気(雲)の中にプラスとマイナスの電荷が発生することが原因と考えられています。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


【速報】“あおり運転” バイク男性が死亡した事件 懲役10年の判決 危険運転致死の罪に問われた元介護士の男に(2023年9月22日)

 堺市で去年、あおり運転の末にバイクに乗った男性を死亡させた、危険運転致死の罪に問われた男に対し、大阪地方裁判所堺支部は懲役10年を言い渡しました。

元介護士の川島陸被告(28)は去年3月、堺市の府道で、バイクで走行していた男性(当時28歳)に対して、車であおり運転を繰り返した末に転倒させるなどして即死させた危険運転致死の罪に問われていました。

裁判は9月13日に始まり、川島被告は起訴内容を認めていました。

検察側は「被告がバイクのすぐ前に割り込み、その後、被害者に車を蹴られたことから、危険な速度で追跡した」「事件の後、ドライブレコーダーのSDカードを捨てた」などと指摘。

一方、弁護側は「バイクを追いかけたのは被害者に車を蹴られたことがきっかけで、理由のないあおり運転とは異なる」と主張していました。

検察側は懲役12年を求刑していました。

22日の判決で大阪地方裁判所堺支部は、川島被告に懲役10年を言い渡しました。
堺市南区の元介護士・川島陸被告

煽り運転でバイクを運転していた男性を転倒させて即死させるという痛ましい事件の判決がありました。懲役10年だそうです、

煽り運転ということは交通事故として処理されますが、明らかに未必(みひつ、必ずしもそうなるものではないの意)の故意が認められる殺人罪にならないにかなとも思います。

道路交通法で裁くと、刑がとても軽くなります。

この判決ときいて思うんです。もし、殺したい相手がいて殺そうとする。この方法ですよね。包丁なんかで刺して殺したら懲役はどうなるでしょうか?犯罪として裁かれて、おそらく無期懲役になるでしょう。

日本で最も重い罪は「外患誘致罪(がいかんゆうちざい)」です。「外患誘致罪」は、外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者を死刑に処する罪です。

これは日本でもっとも重いとされる犯罪です。法定刑は死刑のみで懲役や禁錮の規定はなく、未遂や予備・陰謀の段階でも重く処罰されるのです。


刑罰は、重い順に、主刑である死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料の6種類に、付加刑である没収を加えた7種類です。

人を刺して殺した場合は、死刑だってありえるんです。

これが、車で轢いて殺してしまったら、どうでしょうか。

一番重い罪である「危険運転致死傷罪」で裁かれるんですが、かなり罰則が弱いです。

「危険運転致死傷罪」とは、危険な自動車の運転によって、人を死亡または負傷させた場合に成立する犯罪です。

刑法208条の2に規定されており、死亡させてしまったときは1年以上20年以下の懲役、負傷させてしまったときは15年以下の懲役となります。罰金刑はありません。

「危険運転致死傷罪」は、東名高速道で飲酒運転のトラックが女児二人を死亡させた1999年の東名高速飲酒運転事故などをきっかけになりました。

飲酒運転や無免許運転の被害者のご遺族が中心となって、極めて危険で無謀な運転により無惨にも生命が失われた場合にも業務上過失致死傷罪で5年以下の懲役などにしかならないことに対する問題提起がなされ、社会的関心が強くなって、多数の署名などが集まった結果、2001年に制定されたのです。

制定当時は、死亡させた場合に1年以上15年以下の懲役、負傷させた場合に10年以下の懲役でしたが、刑罰が軽いとの批判があり、2005年改正により現在の刑罰に引き上げられました。

また、新設当時には、四輪以上の自動車の運転の場合に限定されていましたが、2007年改正により単に自動車となり、自動二輪車なども含むことになりました。

危険運転致死傷罪に該当しない場合についても、2007年改正により自動車運転過失致死傷罪が新設され、業務上過失致死傷罪より重い7年以下の懲役などの刑罰が科されることになっています。

自動車運転死傷行為処罰法の第2条には、危険運転致死傷罪に該当するものとして6種類の行為が適用条件として記載されています。

❖危険運転致死傷罪に適用される行為
 ・アルコールまたは薬物の影響による走行
 ・制御が困難なスピードによる走行
 ・制御する技能を持たずに運転
 ・人や車の通行を妨害する目的での運転
 ・赤信号を無視して危険な速度で走行
 ・通行禁止の道路を危険な速度で走行

これが極めてあいまいで、適用されずに遺族や関係者ががっかりするケースが多発しているんです。そして、最大でも懲役20年ですよ。無期懲役が30年と言われていますし、どんなに悪質でも死刑がありません。

これが煽り運転だけになりますと、道路交通法では、通行妨害目的で交通の危険のおそれのある方法により一定の違反をした場合、罰則として3年以下の懲役または50万円以下の罰金、行政処分として違反点数25点で免許取消し(欠格期間2年)となります。

「危険運転致死傷罪」にしても「道路交通法」にしても罰則が弱いので、類似の案件は増加するばかりとなります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


ジャニーズ東山新社長「性加害を知らなかった」発言に、当事者の会・平本代表は「残念だね」(2023年9月7日)

 ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長は9月7日、自身が引責辞任し、後任社長として所属タレントの東山紀之さんが就任することを発表した。会見がはじまると、都内の別場所に集まった「ジャニーズ性加害問題当事者の会」(以下「当事者の会」)メンバーは、一様に険しい顔で会見の様子を写したモニターを見つめていた。

藤島前社長が会見の冒頭、「ジャニーズ事務所としても、個人としても、ジャニー喜多川に性加害があったと認識しております。被害者の皆様に心よりお詫び申し上げます」として謝罪。平本淳也代表は何度もうなずきながら様子を見ていた。

東山新社長が「(ジャニー氏の)性加害を知らなかった」と述べた場面では、平本さんは「残念だね」と言葉を発し、他の当事者の会メンバーも苦笑しながら首を横にふり、納得のいかない表情を浮かべた。

志賀泰伸さんは、会見の様子を見ながら、苦しげにうつむく仕草を見せる場面もあった。
ジャニーズ事務所性被害

ジャニーズ事務所で、ジャニーズ所属のタレント(子供)に対するのジャニー 喜多川元社長(ジャニー きたがわ、Johnny Kitagawa、1931年10月23日 - 2019年7月9日)の性加害問題で『死人に口なし』という言葉がふさわしいのですが、元ジャニーズたちが堰をきったように、性被害の告白を行っております。
ジャニー喜多川氏
被害に遭ったタレントは数百人にも及ぶとされます。

そして今日、問題が公になってから初めてのジャニーズ事務所による会見が、7日午後2時から行われました。

会見に出席したのは、ジャニーズ事務所社長の藤島ジュリー景子氏(57)と、ジャニーズ事務所所属タレントで最年長、今回新社長となった東山紀之氏(56)、タレントの井ノ原快彦氏(47)と顧問弁護士の4人です。そして、ジャニー氏の性加害を事実と正式に認め、謝罪したのです。

この中で、ジャニー 喜多川元社長による公然と行われていたとされる性的搾取を、今回、新社長になった東山紀之氏や、社長退任を表明した藤島ジュリー景子氏が、この事実を知っていたのか?ということが焦点になっています。

当の本人が亡くなられているので、世間も被害者団体も責める相手がいません。そうなると何処に責任の所在するかといいますと、かつて所属していた会社と、現在の代表を責めるしかありません。

繰り返しますが、当の本人からの話をきけませんので、この事実を昔から関わりのある現体制と新体制の上層部に問いただすしかないのです。

東山紀之氏(56)は「性加害を知らなかった。噂程度は知っている。」と語っていますし、藤島ジュリー景子氏(57)も「私も知らなかったことを知ることになった。私も、すごくショックを受けている。」というコメントです。

このコメントに対して世間は納得がいかないようで『本当に知らないの?』『知っていたのに咎めなかったんじゃないの?』という意見が大多数のような感じに見受けられます。

果たしてどうなのでしょうか。

もし『知っていた。』というであったも、公には口が裂けても言えないでしょう。

会社を再建しなくてはいけませんし、ジャニーズに所属している自分自身のキャリアも終わってしまいます。いくら寛容な業界でも、最近はコンプライアンスなどに厳しくなっておりますので、二度と仕事ができなくなり、会社が潰れてしまいます。

次に『本当に知らなかった。』というものです。

当事者の方が、東山紀之氏(56)が性加害の現場にいたのを見た人がいるなら、今からでもそう言ってほしいですが、東山紀之氏(56)も暴露されて信用が失墜するリスクがあることは当然わかってるだろうから、知ってるなら知ってたと言うと思います。

そして、ジャニー 喜多川元社長は、東山紀之氏(56)を可愛がっていましたから、東山紀之氏(56)自身には、そのようなことはしないでしょう。

東山紀之氏(56)の話にもある通り、先輩からも後輩からも何も話もなかったんではないかと思います。当事者もタレントですし、相談を先輩や後輩のタレントももちかけても何に解決にもなりませんので、相談されることもなかったんだと思います。

直接の加害者であるジャニー 喜多川元社長は亡くなり、その一族は引責辞任して経営から手を引きました。そして事務所を辞めた人は私は被害者だと名乗りをあげ、残った人は私は被害を受けていないということです。

残った人は、この先も口を割ることはないと思われますが、被害者だと名乗りを挙げた人の証言から察するに、みんな被害者なのだと思います。

そうしますと、被害者と名乗りをあげた人たちが、同じく被害者と思われる人たちが所属する会社を、当事者がいないのに訴えて補償を求めるなんて果たしてできるのでしょうか。証拠(エビデンス)があるんでしょうか。どうやって証明していくんでしょうか。実に興味深い展開になって来ました。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


粉砕機
粉砕機

粉砕機に巻き込まれて亡くなる事故の報道を耳にします。

粉砕機に巻き込まれて亡くなるのは大変痛ましい事故ですし、自分が「もし、粉砕機に巻き込まれてしまったら?」と少しでも想像してしまうと、ぶるっと身体が震えてしまいます。

❖交通事故のように具体的な画像があることはない

交通事故ですと、自分の頭の中でイメージする画像で鮮明に浮かんできます。それはそれで身体が震えてしまうのですが、この頭の中のイメージ画像は、学校で習う交通事故の映像だったり、ニュースなどの事故の映像や、映画などのカークラッシュ、そしてYoutubeの動画だったり、インプットされる情報が多いからだと思います。

それに比べて、粉砕機の事故は映像とはいきません。悲惨すぎますし、グロいですので、いくら厚生労働省の職場安全サイトでの労働災害事例でも、詳細は書いていません。「粉砕機に巻き込まれて死亡」と一文だけ書いてあります。

❖動物の死骸を粉砕する動画がヒントに

粉砕機事故の発覚の多くが「作業員が1名いなくなった」で始まり「粉砕機に肉片や血痕がついていた」というので「粉砕機に巻き込まれた」と結論づけられることが多いです。

工場にもよりますが、恐らく、そのような作業現場も監視カメラは設置されていると思います。従いまして、その瞬間の映像もあるかと思いますが、一般の人間が見たらトラウマになってしまいますので、門外不出となっているはずです。

粉砕機の巻き込まれると、どうなるのか?とありますが、一つの動画がヒントを与えてくれます。

それは『病気等で死んだ動物の死骸を大型シュレッダーで粉砕する動画』です。鋼鉄製の爪で肉や骨を丸ごと粉砕していく破砕機の動画です。

死骸が粉砕機に落とされると、3秒程度で粉砕されてしまいます。最初の1秒と言いますか、回転式の粉砕機ですので一回りとでもいいますか、かなり粉砕されてしまいますで、もし人間が落ちたら即死に近い状態になるとは思います。

もし、足から落ちたとしても、足から粉砕されて大量に出血します。急激な大量出血では全血液量の20%以上の血液がなくなるとショック症状が表れるようになります。

出血性ショックとは、出血により体から大量の血液が失われることで、全身の臓器障害が引き起こされる状態を指します。こうして人は亡くなりますが、その前に全身が粉々になっていますので、出血性ショック前に死んでしまうと思われます。

もし、運よく膝から下が巻き込まれただけで助かったとしますと、事故で「膝から下が無くなった方」によりますと『その瞬間は痛く無いけど病院で手術後、麻酔が切れたら激痛』ということらしいです。

粉砕機で巻き込まれた場合は身体が残るということは難しいですが、例えばプレス機に全身を挟まれて亡くなった場合は、通夜にはそのまま潰れた体を棺桶に入れるでしょうか。

流石にそのまま棺桶には入れられませんので、遺体の損壊が激しい場合は先に荼毘に付してお骨の状態で通夜になる場合もあるのです。

❖ベルトコンベアの事故は壮絶

粉砕機事故と同じ工での事故として「ベルトコンベアに挟まれた事故」を消防士の方が解説していた動画があります。

ベルトコンベアに挟まれると小学校の頃の理科室にある皮膚が全部溶けた人形みたいな状態になるそうなんです。人間の皮がずるむけになるのです。

この事故現場では、腕の皮膚がずるむけになっていたそうなんです。そして、肉や体液がでていおり、ベルトコンベアの金属や油の臭いに加えて、人の生肉の臭いで、その場にいるのが嫌になるような強烈な臭いがするんだそうです。

人体模型です。
人体模型

今、記事を書いていますが、気持ち悪くなって変な汗が噴き出しています。

現場に到着した消防士は、こう思ったんだそうです。

『どうやって救助する?』

危険と言われて久しい工場は労働災害を防止しようと対策にやっきになっておりますが、それでも工場は危険であふれています。工場の労働災害は消防の出勤件数でも上位に入っているそうです。
ベルトコンベアの事故ですが、『まず一般人は助けれない』ということを肝に銘じておきます。

それは事故現場を見た時の精神的なショックが大きいので一般人は事故現場をみないことが鉄則だそうです。

ベテランの消防士でも現場を見た後は食事などでの生肉がまともに見れなくなるそうで、現場を見てトラウマになる消防士が続出しているそうです。

もし近くにいた同僚が労働災害に見舞われたら、従業員も外に言わない方がいいとの事です。今朝、一緒に、今一緒に、働いていた同僚が『こんな姿に変貌してしまうのか!』と目を背けたてしまうそうです。従って消防への救援要請連絡をして、自らは救い出そうとせずに待っているのがいいとされています。

ただし、ベルトコンベアに詳しい従業員が必要で、特注品の工具を使用して逆戻しで出す、また工具で部品を外すなどは、流石に消防士ではできないそうなので、従業員と消防士が連携をしないといけないそうです。

❖労働災害は圧倒的に墜落事故が多い

また、労働災害は圧倒的に墜落事故が多いそうです。

消防士の方が仰るには、現場に駆け付けた時に太いパイプが作業員の太ももをつらい抜いていたそうです。そして救出現場の場所が1mぐらいしかなく、救出するのも命がけですし、救出作業がなかなか進まないそうです。しかし、作業員は大量出血しているので早く救助しないといけないそうで時間との勝負だったそうです。

❖正常性バイアスの「闇」

労働災害が起きた工場は安全管理がしっかりしている工場でした。そして『安全第一』の注意喚起をしていたのにも関わらずに、このような事故が起きてしまいます。

ベテランの作業員になるほど、作業に慣れてくるのと同時に、危険への感覚がマヒしてしまいます。

この時に「正常性バイアス」が起こり、本来であれば安全確保として墜落防止用保護具を装着してから作業をするのですが、墜落防止用保護具を装着せずに作業にあたって、墜落してパイプが太ももを貫通したのです。

正常性バイアスとは、何か事が起こるたびに反応していると精神的に疲れてしまい、ストレスを回避するために、自然と脳が働き、心の平安を守る作用です。

工場としては、しっかりルールを設けて注意喚起をしているのにも関わらずに、結局は全員につたわないという、工場の闇の部分なのです。

中堅など作業に慣れた人は油断してしまい、労働災害にあってしまうのです。そして、労働災害にあうと助かっても回復までの道のりは長く、もう身体は元に戻ることはありません。労働災害は悲惨なのです。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

※2023.08.15改題(旧題:【水の霊に引っ張られた3選】夏の水難事故で水の中に突如消えた)

小5男児が川で流され死亡 対岸に向け泳いだか 神奈川県相模原市(2023年8月2日)

 2日午後2時55分ごろ、相模原市南区新戸の相模川で男の子がおぼれたと、通行人から119番通報があった。男児は約40分後に水中で見つかり、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

神奈川県警によると、亡くなったのは同区の小学5年生、近藤勇也さん(10)。小学校の同級生ら3人で対岸に向けて泳いでいたところ、途中でおぼれたとみられる。3人のうち2人は岸に引き返したという。

現場付近の河川敷には野球のグラウンドなどがある。グラウンドからはコンクリートの護岸伝いに水辺まで下りられる。護岸は水中まで続いており、近くで釣りをしていた男性は「人が泳いでいるのを見たことはないが、岸辺でもけっこう深い」と話した。
相模川


川で遊んでいた19歳の男子大学生が溺れ死亡 栃木 鹿沼(2023年8月5日)

 5日午後、栃木県鹿沼市の川で、友人らと遊んでいた19歳の男子大学生が溺れ病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

5日午後2時すぎ、鹿沼市を流れる大芦川で「友人が川に飛び込んだあと、浮かび上がってこない」と消防に通報がありました。

現場に駆けつけた消防がおよそ1時間後に近くの川底で沈んでいる男性を見つけ、病院に搬送しましたが、その後、男性は病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、男性は、栃木県内に住む19歳の大学生で、当時、一緒に来ていた友人らのグループで川に飛び込むなどして遊んでいたところ、しばらくして姿が見えなくなったということです。

現場は立ち入りが禁止されている私有地の先の、鹿沼市の山あいを流れる幅15メートル、深さ3メートルほどの流れが急な川だということです。

警察は男性が溺れたとみて、死因や当時の状況を調べています。
大芦川


小学生の子どもが最後に見たのは父親が川に入っていく姿…2人で訪れたキャンプ場で45歳父親が行方不明 川に流されたか ダムの放流で増水していた 三重・熊野市 北山川(2023年8月13日)

 12日、三重県熊野市で男性が川に流されたとみられ、行方不明になっています。川はダムの放流で増水していました。

12日午後5時過ぎ、熊野市紀和町の小船キャンプ場で、「男性が川に流されたようだ」と家族から110番通報がありました。

警察によりますと、行方不明になっているのは大阪府の45歳の男性で、一緒に来ていた小学生の子どもが、正午頃に川に入っていく父親の姿を見ましたが、その後、行方がわからなくなったということです。

現場の北山川は、ダムの放流で増水していました。警察は男性が流されたとみて、13日午前8時から捜索を再開しています。
北山川

この3つの事故は、誰も溺れた瞬間を見ておりません。

川底にいる何かにいきなり引っ張られたのかもしれません。深みにはまって溺れるにしても、突如として消えてしまうのが気になります。

三途の川というものがありますね。三途の川とは、彼岸(あの世)と此岸(この世)を分かつ境界の川です。

三途の川の「三途」の意味は、生前の悪行を報いるために逝くという、仏教の世界では三つの苦しみがあるといわれている「三悪道」を指し、苦しみの世界となる「地獄」「餓鬼」「畜生」の三つの道があると考えられているのです。

三途の川と現世の川は繋がっているので、あの世の者たちはこの三途の川から現世の川に渡ってくるのです。

三途の川を越えると、もう戻ってこれません。

ご冥福をお祈り申し上げます。
三途の川



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。
 
スポンサー広告


【水に落ちたら】学校で教える「浮いて待て」は危険!「波が鼻や口に入って呼吸困難に」 日本水難救済会が推奨する「イカ泳ぎ」とは(2023年8月9日)

水に落ちたら浮いて待つ
 水に落ちた時、「浮いて待て」は危険です!公益社団法人・日本水難救済会(東京都千代田区)がTwitter(現X)に投稿した動画が注目されています。教育現場では服を着たままで水に入った時、大の字になり、浮いて救助を待つ「背浮き」という対処法を教えられますが、日本水難救済会は「顔に海水がかかって呼吸できなくなるリスクが高い」と警鐘を鳴らし、イカのように泳ぐ「イカ泳ぎ」を推奨しています。

ジーパンを履いていても泳ぎやすく、体力を消耗せず浮いていられます。海で子どもが命を落とす事故が相次ぐ中、日本水難救済会にイカ泳ぎや事故防止のポイントを聞きました。

■「浮いて待て」はパニック起こす恐れ
 日本水難救済会は1889年、ノルマントン号事件で乗船していた日本人25人が全員水死したことを受けて、海難救助の団体として設立されました。約130年にわたって人命救助に取り組み、現在は約5万人のボランティア救助員が登録、海上保安庁などと連携して救助活動に取り組んでいます。名誉総裁は高円宮妃久子さま、会長は元海上保安庁長官の相原力さんです。

背浮きやイカ泳ぎの動画は、常務理事で元海上保安学校長の江口圭三さんが実演、投稿しました。江口さんが取材に応じました。

ーー学校現場では大の字になって背浮きし、「浮いて待て」と教えられます。

 「静かなプールで救命胴衣(ライフジャケット)を着けていれば浮いていられますが、少しでも波や流れがある所では、チャプンと水面が揺らいだだけで鼻や口に水が入ってしまいます。日本ライフセービング協会と日本水難救済会で『大の字背浮き』の実証実験を行ったところ、波や風で鼻や口に水がかかり、呼吸できなくなってパニックになる恐れが大きいことが分かりました」

着衣泳の授業で行われる、2リットルのペットボトルにつかまって浮く方法も実験で試されましたが、浮力を十分に得られず、クーラーボックスは長時間つかむことが困難でした。

背浮きより、イカのように手足を動かす「イカ泳ぎ」をおすすめします。
イカ泳ぎ01_

イカ泳ぎ02_
「イカ泳ぎを実演した際はジーパンにポロシャツ姿でした。下半身に生地がまとわりつくジーパンでも泳ぐことができ、それほど泳力がなくても頭が浮いた状態を保つことができます」

「一般的に習う4泳法(クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ)は、着衣泳では必ずしも有効ではありません。クロールやバタフライは上着で肩が回りにくく、平泳ぎはズボンが張り付いて脚を動かしにくい。イカ泳ぎは海外では『エレメンタリーバックストローク』『ライフセービングバックストローク』と呼ばれていますが、『イメージしやすい名前に』とイカ泳ぎと名付けられました」

「とはいえ、イカ泳ぎも万能ではありません。安定して長時間浮力を得るにはやはりライフジャケットを着用しておく必要があります」

江口さんは「浮いて待て」と教える教育現場に注文を付けます。「『浮いて待つ』だけではなく、浮いて呼吸を確保し、誰かに知らせるか、陸地に上がれる場所を探してください」

日本水難救済会はTwitterで海に出る際の注意点やチェックポイントも発信しています。安全対策を徹底し、楽しい夏の思い出をつくりましょう。

水に溺れたら、慌てずに「浮いて待て」というのが一般的に言われている対処法でした。

これでも、溺れた人間には、至難の業であると感じていましたが、次の手がきました。

それは「イカ泳ぎ」なるものだそうです。

これは難しい・・・・って無理やろーって思ってしまいました。

そもそも泳げなくなっているから溺れるんであって、この「イカ泳ぎ」ができたら、自力で助かるんじゃないかと思うんです。

日本水難救助会は、実際に「浮いて待つ」でどれくらいの人の命が助かったかを検証してほしいです。人の命がなくなった場合はしっかり統計がとられていますが、助かった場合の統計は無理かもしれませんが、どれくらい人の命が助かったかをしっかり検証してほしいと思うんです。

これから、この「イカ泳ぎ」を広く周知させていくんでしょうか。それであれば、本当にどれくらいの人の命が助かるかを統計をそってほしいと思うんです。

「とはいえ、イカ泳ぎも万能ではありません。安定して長時間浮力を得るにはやはりライフジャケットを着用しておく必要があります」という言葉にあるように、実際には効果は「眉唾もの」なのかもしれません。

溺れないように細心の注意を払う、流れの急な所など危ない場所にはいかない、ライフジャケットを着用する、が一番なんじゃないでしょうか。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


70メートル崖下に転落 富山・剱岳で登山中の埼玉県の男性死亡 富山(2023年8月6日)

 6日午前、富山県の北アルプス剱岳で、登山をしていた埼玉県の会社員の男性が転落し、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

6日午前8時半ごろ、北アルプス剱岳の、標高およそ2700メートルにある小窓ノ王付近で、登山をしていた埼玉県春日部市の会社員、笹本和義さん(61)が登山道から転落したのを、一緒に登山をしていた男性が気付き110番通報しました。

笹本さんは70メートル崖下に転落していて、県警ヘリ「つるぎ」で病院に搬送されましたが、頭を強く打っていておよそ2時間後に死亡が確認されました。

笹本さんは3人パーティーで4日から剱岳で登山をしていて、7日下山予定でした。

県警は笹本さんが転落した原因などを調べています。
富山・剱岳


海水浴に訪れた埼玉県の男性(60)が死亡 新潟市の海水浴場 うつぶせで浮いているところを発見(2023年8月6日)

 8月6日午後、新潟市の関屋浜海水浴場で泳いでいた埼玉県の60歳の男性が海に浮いているのが見つかり、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが死亡しました。

死亡したのは埼玉県羽生市の会社員・真田好正さん(60)です。

真田さんは6日、新潟市中央区の関屋浜海水浴場を会社の同僚4人と訪れていましたが、午後2時半前、真田さんが波打ち際でうつ伏せになって浮いているのを同僚が発見しました。

真田さんは発見される数分前、海岸から十数メートル先で浮橋から海に飛び込み泳いでいる姿を同僚が確認していたということです。

真田さんは心肺停止の状態で救急搬送されましたが、病院で死亡が確認されました。

警察が真田さんの死因や事故の原因を調べています。
関屋浜海水浴場

8月6日は60歳と61歳の方が亡くなられてしまいました。

この方たちは、きっと一生懸命、会社で40年前後は働いて、60歳定年で再雇用で65歳まで働いているような人なのではと思うのです。

再雇用であれば、現役時代の働き方とは少し違い、責任も軽くなり、仕事量も減り、その分を余暇にあてることができるようになったのかもしれません(実際には定年前と同じことも多いようですが)。

あと5年も働けば、年金受給開始年齢である65歳ですし、再雇用も終了となります。

大卒であれば22歳、大学院の修士課程の修了であれば24歳、博士課程の修了であれば27歳です、そこから社会に出て40年程度働いて、国に税金を納めてとなります。給与からはかなりの社会保険料がとられるわけです。

年金は「世代間扶養方式」で成り立っております。

「世代間扶養方式」は読んで字のごとく、働いている現役世代が保険料を負担することで、受給世代を支える仕組みのことを指しています。

そう、自分が現役で働いていた時に納めていた社会保険料からの積立ではなく、受給世代に対して払っていただけなのです。

そして、いざ!自分の番になった手前で命がなくなってしまうのは大変残念であると思うのです。

これは命の話ですから、おかしな話を書いているのでありますが、国に搾取されて終わり!っているのは、何とも複雑な思いなのであります。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


玄倉川(くろくらがわ)で男性がおぼれ死亡 友人らと遊泳中(2023年7月30日)

 30日午後4時半ごろ、神奈川県山北町玄倉の玄倉川の立間堰堤(えんてい)付近で「人がおぼれた」と119番通報があった。

小田原市消防本部や県警によると、20代の男性が川でおぼれ、意識不明の状態でドクターヘリで神奈川県伊勢原市内の病院に搬送された。約2時間後に死亡が確認された。

男性は友人と3人で遊びに来ており、高さ約6・6メートルの堰堤から飛び込んだところ、浮かんで来なかったという。水中にいる男性を友人らが発見し、岸に引き上げた。

現場の玄倉川の立間堰堤付近では、1999年8月に、大雨による増水でキャンプ中の家族ら18人が流され、このうち13人が亡くなった事故が起きている。
玄倉川の立間堰堤

2023年7月30日に、玄倉川で男性が溺れて亡くなりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

現場の玄倉川の立間堰堤付近では、1999年8月に、大雨による増水でキャンプ中の家族ら18人が流され、このうち13人が亡くなった事故が起きています。

あまりにも有名な『玄倉川水難事故』ですね。

今は何とDQNの川流れ』と呼ばれているそうですね。これは知らなった・・・。

この事故は、あちらこちらのプログやYoutubeなどの動画で詳しく解説されておりまして、周囲の忠告を無視して、中州に取り残されて、増水により、リーダーである人間の実名は晒されておりまして、デジタルタトゥー(※)として永遠に残り続けるであろう事故となりました。

この事件が起きたのが1999年ですので、今は2023年ですから、24年前の事故であり、10歳ぐらいの子なら覚えているとして、2023年で34歳ぐらいから歳が上の人なら記憶にあるかもしれません。

※インターネット上で公開された書き込みや個人情報などが一度拡散してしまうと、完全に削除するのが不可能であることを、「入れ墨(タトゥー)を完全に消すことが不可能」であることに例えた比喩表現である。

テレビのニュースを見た時に正直に『こいつらは助けなきゃいけない人間なのか?』と思いました。

それほど、いろいろな意味で人々の記憶に大きなインパクトを残した事故でありました。

細かくは、他のサイトに任せるとして、簡単に事件を振り返ってみます。

玄倉川水難事故(1999年8月14日)
❖事故概要
 1999年(平成11年)8月13日より、玄倉川の中州でキャンプをしていた横浜市にある廃棄物処理会社に勤める男性社員ら、子供6人を含む彼らの家族、さらに社員の婚約者・女性の友人を含む18人が翌日の熱帯低気圧の大雨による増水によって流され、社員5名と妻2名、1歳から9歳の子供4名、社員が連れてきた女性の友人2名の計13名が死亡した。

❖気象状況
 この当該事故の原因となった大雨をもたらした熱帯低気圧も、8月13日に紀伊半島の南海上で発生したものである。14日には関東南岸へ、15日には本州を縦断して能登半島付近へと進んだが、特に雨雲が発達した関東地方では、所により1時間に30から50ミリの強い雨になった。

事故現場近くにある丹沢湖のアメダスには、事故前日13日の20時ごろから1時間あたり10ミリを超える大雨が、断続的に降り続いていたことが記録されている。増水が著しくなった8時までの総雨量は114ミリで、特に救助活動が開始された10時には、1時間に38ミリという土砂降りになっていた。雨が上がるまでの累計雨量は、最終的には29時間で349ミリが記録されている。ただし事故現場周辺は地理的条件から恒常的に雨量の多い地点で、29時間で349ミリという値は決して珍しいものでない。

❖玄倉ダム放流操作
 このダムは、下流にある玄倉第一発電所(水力発電所)への発電用水を取水するために設けられている。河川法第44条1項に於けるダムの基準「高さ15.0メートル以上」の規定より50センチ低いためダムとしては扱われず、堰(せき)として扱われる。また、この玄倉ダムは一般的に想像されるダムのように水を溜め込んで洪水を防ぐようなダムではなく、貯水容量が極めて小規模な取水堰である。

このような小規模な発電用ダムや堰の場合、増水(洪水)時には速やかなゲートの開放が要求される。洪水調節を目的に持つダムの場合は、あらかじめ雨季の前に貯水池の水位を下げ、洪水が起きても貯水池に水を蓄える機能を持っているが、玄倉ダムの場合は洪水調節機能を持たないばかりか、貯水池自体もきわめて容量が小さいため、洪水が起これば空の状態から数時間も待たずに満水となる。

玄倉ダムにおいては、貯水池への流入量が毎秒50立方メートルを超えた状態を「洪水」として放流を含めた操作を規定しているが、事故当時の流入量は毎秒100立方メートルであり、流入量と貯水容量の比から満水までの時間を算出すると、仮に貯水池が空であったとしても約7分程度で満水となる計算となる。従って、事故当時はこれより短い時間で満水になったことが推測される。

❖事故の経過
▼1999年8月13日
15時ごろ:降水が始まる。当時隆盛しつつあった「オートキャンプ・ブーム」に加え、ペルセウス座流星群の極大、さらにお盆休みの時期にあたり、遭難した横浜市内の一行を含め、玄倉川ではこの日、キャンプ指定地外の6か所に50張ほどのテントが張られていた。
15時20分ごろ:ダム管理職員が1回目の巡視を行い、ハンドマイクで行楽客に増水と水位上昇の危険性を警告し、退避を促したところ、大部分の行楽客はこの警告に従って水際から退避した。一方で、事故に遭った一行からの反応は冷ややかだった。
16時50分:神奈川県に大雨洪水注意報が発表される。
19時ごろ:一行25人のうち4人は日帰り参加のため、幕営地を離れて帰宅した。
19時50分ごろ:ダム管理職員が2回目の巡視を行い、一行に直接、中州から退避するよう勧告するが、拒否される。
❖あまりにも有名な暴言(その1)
ダム職員、警察に対して「早く失せろ、殴るぞ」「放っておいてくれ、楽しんでるんだよ」などの暴言、更に退避を呼びかけた地元住民に対しても「地元の人は臆病ね」「田舎者はプライバシーを侵すのが趣味」などの暴言を吐いています。
20時20分:玄倉ダムが放流を開始。

▼1999年8月14日
5時35分:降雨は激しさを増し、気象庁は神奈川県に大雨洪水警報を発表した。
6時ごろ:前夜に撤収したメンバーが、川を渡って中州のテントに残っている仲間に中洲から避難するよう呼びかけるが、反応は無し。まだ水流は膝下ぐらいの深さで、辛うじて渡渉可能だった。
8時30分ごろ:すぐ下流の立間堰堤の水深が普段より85センチ高い1メートル程度となり、中州も水没する。膝越し以上の水位の渡渉は、通常の流れであってもザイルがないと大人でも危険であり、増水して急流となった現場は、自力での退避が不可能となった。既にテントは流され岸からの距離は80メートルほどになっており、中洲で野営した横浜市内の一行はパニック状態になった。
10時ごろ:レスキュー隊員11名のうち2名が断崖伝いに対岸に到着。放送局のテレビカメラも現地に到着し、取材を開始する。
10時30分ごろ:レスキュー隊が対岸に救命索発射銃で救助用リードロープの発射を試みるが、対岸の樹木に引っ掛かった。15分後に再びロープが発射されるが、一射目のロープが絡まり、水圧と流木に妨げられてメインロープが遭難者に届かなかった。既にテントは流され、3本のビーチパラソルの支柱を中心に、男性たちが上流側で踏ん張って水流を和らげようとし、中央部に女性や子どもが寄り添って雨風を避け、下流側で乳幼児を抱いた男性が佇んでいる様子の映像がテレビで速報される。
❖あまりにも有名な暴言(その2)
一行のリーダーの男性はレスキュー隊へ「おい、こら、ヘリを呼べ」「もたもたすんな」「仕事なんだから早く助けろ」などの暴言が吐かれており、この暴言はテレビカメラにも収められています。
玄倉川03
11時ごろ:玄倉ダムが警察からの要請を受け放流中止。しかし玄倉ダムは発電用ダムで貯水能力に乏しいため、すぐに満水となりダム崩壊の危機に直面した。やむなく崩壊防止のため5分で放流を再開。
11時38分:水深が2メートル近くになった。水位は胸にまでも達し、救援隊や報道関係者の見守る前で18人全員がまとめて濁流に流された。甥である1歳男児を抱いていた伯父が、咄嗟に子どもを岸に向かって放り投げ、別グループのキャンプ客(東京都鳶職の男性)が危険を顧みず救い上げる。この子どもの父親と姉を含む大人3名、子供1名も対岸に流れ着くが残りの13名はすぐ下流の立間堰堤から流れ落ち、以後は姿が確認できなくなる。
❖あまりにも有名な暴言(その3)
救助後、救助隊には「テントを回収したら返してほしい」という自分勝手な発言をしています。普通であれば死ぬか生きるかのところで、更に周りの人も亡くなっているのにテントの心配なんてしている状況ではありません。

▼1999年8月15日
7時ごろ:警察、消防、自衛隊の救助チームが対岸に流れ着いて夜を過ごした4名(31歳男性と5歳の娘、31歳男性と29歳男性の兄弟)の救助を開始。
8時30分ごろ:救助チームが対岸の4名を救助。
❖あまりにも有名な暴言(その4)
善意からおにぎりを差し入れた住民に対しては「まずい」と発言し、その後そのおにぎりを地面に叩きつけるという行動をしています。

▼1999年8月29日
自衛隊による捜索活動の打切り直前になって、最後まで行方不明だった1歳女児の遺体が発見された。これで13名全員の遺体は丹沢湖から収容された。

❖救出・捜索費用
 救助や捜索に要した費用のうち、地元自治体である山北町が負担した額は4,800万円、神奈川県警察が要した費用は同日道志川で発生した別件の水難事故1件と合せて人件費のみで1億円となった。これらの費用は全て公費負担となった。

事故を振り返ると・・・
いやー。凄い!今、振り返ってこの記事を書いていても、何ともやりきれない気持ちになるという感情が芽生えてしまいます。

どうしても亡くなられた13人の方に、ご冥福をお祈り申し上げます、とはならない自分がいますね。

この事故は社会的にも大きな影響を与えました。当時、テレビでリアルタイムに見ていた、そして事件の経緯などのニュースを見た人の心に強烈な印象を与えているんではないでしょうか。

それは何なのか?振り返ってみます。

自己責任論、自業自得論
当時はこれが一番多かった感情だったんじゃないでしょうか。さんざん警告を無視した挙句に、増水で中州に取り残されています。

雨の日の中州は、災害に対する意識が向上した今に比べて低かった当時でも『雨が降ったら河原にいてはいけない』という教育はされていたはずですので「雨が降っているのに、それも大雨なのに、何でそんな所でまだキャンプしていたの?」という感情が芽生えるのは至極当然の思いです。

自己責任論は1990年代中盤から後半にかけて浸透してきましたが、たしか最初は「阪神淡路大震災」で次に、この「玄倉川水難事故」だったんじゃないかなと思います。

自業自得であり暴言を吐き続ける人を救助チームが命を懸ける虚しさ
自業自得であるのに、警告しにきた警察やダム職員に向けての暴言の数々、そして増水で中州に取り残された自業自得の人たちを救助チームが濁流と戦いながら、そして悪条件(ヘリコプターの要請は悪天候の二次災害の懸念で断念)の中、何とかして全員を救助できる方法を模索しながら、そして時間と戦いながら懸命に救助している中でも、暴言を吐き続けるのです。

こんな人たちでも職務を全うして、そして命を懸けてまで助けようとする救助チームを見ていて「これは報われる仕事なのか?」「救助チームは死なないでください!」と正直に思ったものです。

この元凶を作ったリーダーが数少ない生存者であったこと
これを聞いた時に正直『あんたは死ぬべきだった!』と思いましたね。

18人のうち、13人の犠牲者を出した水難事故でしたが、この元凶を作った張本人である本名『加藤直樹』は2人の子供とともに生き残ったのです。ただし、奥さんは、あの世に行ってしまいました。子供と奥さんの手を握っていたそうですが、子供の命を優先したのでしょうか?『加藤直樹』は、奥さんの手を放してしまい、奥さんは濁流に飲み込まれていったそうです(娘さんと思われるプログより)。

◆生存者と死亡者

 ▼生存者
加藤直樹(31歳) 富士繁社員。リーダー。
  加藤朝香(5歳) 加藤直樹の娘。
加藤一樹(1歳) 加藤直樹の息子。叔父の咄嗟の判断により救助。
平野嗣富(31歳) 富士繁社員。平野幸男と兄弟。
平野幸男(29歳) 富士繁社員。平野嗣富と兄弟。

 ▼死亡者
松尾利美(31歳) 富士繁社員。加藤美江さんの実兄と言われている。
松尾理恵(30歳) 主婦。松尾利美の妻。
松尾歩(9歳) 松尾夫妻の娘。
松尾駿兵(5歳) 松尾夫妻の息子。
加藤裕二(33歳) 富士繁社員。加藤直樹の実兄。
加藤美江(28歳) 主婦。加藤直樹の妻。松尾利美さんの実妹と言われている。
加藤優香(1歳) 加藤夫妻の娘。
梶ヶ谷剛(25歳) 富士繁社員。
織立亜希子(25歳) 梶ヶ谷剛の婚約者。
高橋直人(26歳) 富士繁社員。
小野崎恵子(27歳) 高橋直人の恋人。
原田敬介(48歳) 富士繁社員。
原田千香(9歳) 原田敬介の娘。

生き残り後も暴言の数々、悪態の数々を聞きますと『神様は本当に不公平だな』と感じました。人が救助されると、それが他人でもニュースでもよかったという感情が芽生えるものですが、この時ばかりは全くそんな感情は芽生えませんでした。

❖注意されて意地になってしまったのか?

当時はかなりの雨でした。キャンプをしているにしても食事作るのも大変だったろうし、トイレするにも一苦労だったと思います。

小さい子供がいれば尚更だと思うのです。

テントなどを片付けて避難するのも大変でしょうが、あの場にそのまま居続ける方がもっと大変だったんではないか?と思うのです。

警告に対して『意固地』になってしまったようにも感じてしまいます。

例えて言うなら、よく学校とかでありがちな不良が先生に注意されてそれに謝るのはカッコ悪い・・・みたいな感じにも思えるのです。

真相は当人たちしか知らないことですし、これから語られることもないでしょう。

ただ、案外、注意せず放っておけば「雨もひどいし帰るか」となっていたかもしれません。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告


遊泳中おぼれたか、中3の14歳少年が死亡 海底で発見 三重・津(2023年7月21日)

 21日午後1時35分ごろ、津市柳山津興の伊勢湾海洋スポーツセンター沖で、「目の前で子どもが溺れている」と、近くにいた男性から第4管区海上保安本部に通報があった。海保と市消防本部、津署が捜索し、同5時過ぎ、14歳の少年が心肺停止状態で海底に沈んでいるのを見つけた。搬送先の病院で水死が確認された。

津署などによると、亡くなったのは三重県松阪市の中学3年でフィリピン国籍のドゥラン・アキラ・ジェームス・マドゥムさん。岸から約100メートル先、水深約2メートルの場所で見つかったという。

中高校生の8人で泳ぎに来ていた。
伊勢湾海洋スポーツセンターの砂浜


福岡・犬鳴川で溺れた小学生の女の子3人 全員の死亡確認(2023年7月21日)

 21日昼過ぎ、福岡県宮若市の川で小学生の女の子3人が溺れ、全員の死亡が確認されました。

警察や消防によりますと、午後1時ごろ、宮若市福丸の犬鳴川で、「11歳の友だち3人が川から上がってこない」と小学生の女の子から通報がありました。

消防のレスキュー隊などが捜索にあたり、約30分後に水深3mほどの川底から女の子3人を見つけ、病院に搬送しましたが、その後、全員の死亡が確認されました。

また、宮若市教育委員会によりますと、溺れたのは市内の小中一貫校に通う6年生の女の子とみられ、宮若市の小学校は20日が終業式で21日が夏休み初日でした。

当時、友達8人で遊んでいたということで、警察が一緒にいた小学生から話を聴くなどして当時の状況を調べています。
福岡県宮若市の犬鳴川

海、川に居るのは自縛霊(※1)、浮遊霊(※2)ですから夏も冬も関係なく、一年中おります。

※1地縛霊(ぢばくれい)とは、自分が死んだことを受け入れられなかったり、自分が死んだことを理解できなかったりして、死亡した時にいた土地や建物などから離れずにいるとされる霊のこと。 あるいは、その土地に特別な理由を有して宿っているとされる死霊。

※2浮遊霊(ふゆうれい)とは、自分の死を理解できないことや受け入れられないことにより、現世をさまよっているとされる霊。あるいは、肉体から離れて浮遊している霊全般。

特にお盆に海や川へ行ってはいけない、というのはよく聞く話かと思います。死者の霊に足を引っ張られて溺れてしまうという言い伝えがあるからです。

信じる信じないは、あなた次第ですが、川や海には、そのような類のものが集まってくる場所でもあります。

もし、あなたが危険な状況になった場合は、守護霊が守ってくれるかもしれません。普段からご先祖様のお墓にお参りする、むやみな殺生はしない、などの普段のあなたの行動が左右するかもしれません。

特にご先祖様の墓参りを怠っている人は、この夏休みを利用して、墓参りにでも行くといいです。

ご冥福をお祈り申し上げます。



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。

スポンサー広告

このページのトップヘ